TOPRANC × ChAInCNPR × SUCCESS

夢ってなんだと思う?

小学校6年生のクラスの講演(授業?)を頼まれた
テーマは「目指せ! 夢に向かって!」
子どもたちに夢の話をするときに、いつも思うことがある

夢を持っている大人は少ない

「夢を持て!」という大人は多い
しかし、夢を持っている大人は少ない

多くの子どもたちは、夢を持っていた
それは、「仮面ライダーになりたい」かもしれない
「パイロットになりたい!」かもしれない

レジの人になりたい夢を持つ子どももいる
ティッシュ配りの人になりたいと思う子どももいる

子どもが夢をもつ理由は単純明快だ
目の前の大人がカッコいいと思えたから、楽しそうと思えたから

楽しそうにレジの担当をしている大人を見たときに、
子どもたちは、あんな仕事をしてみたい!と思うのだと思う

あなたには無理

子どもが夢を持てなくなる呪いの言葉のひとつが「あなたには無理」
もっと現実を見なさい

それはきっと、実現出来なくて傷つくことがないようにと思う親心かもしれない
ひとつの愛かもしれない

そうではなく、
子どもの可能性を信じて、応援することも、ひとつの愛

どちらが正解で、どちらが不正解ということはないと思う

私は思う

夢を実現することは素晴らしい
しかし、夢を実現しようとしている姿が、もっと素晴らしいのだと
実現しようとしているときは、その人が一番輝いているときなんじゃないかと

 

マジック・ジョンソンの言葉がグッとくるので是非読んで欲しい
「君には無理だよ」という人の言うことを、聞いてはいけない

 

夢ってなんだろう?

さて、夢ってなんだろう?
壮大なものでなければならないと思っている人も多い
ひとつでなければダメだと思っている人も多い

私は、目標や目的に「ワクワク感」があれば夢だと思っている

夢=目的(目標)+ワクワク感

夢とは

人には多かれ少なかれ、無意識にも目的がある
その目的を実現するためのステップの一つ一つが目標
その目標や、目的に「ワクワク感」がプラスされると「夢」になる
目標や目的に「ワクワク感」がなければ
それを「ノルマ」と言うんだな

同じ「売上を10%上げる」ことも、
「この売上目標を達成して、息子に自慢するんだ!」となれば夢
「こんな売上目標……現場のこと分かってないよな」となればノルマ

同じことでも、夢にもノルマにもできる

夢にできる人がカッコいい大人だと私は思っている
夢にできるカッコいい大人を見たときに、子どもたちも夢を持ち始める

最新のイベント情報はこちら
http://www.shigoto-gaku.jp/event

関連記事

main 23

Youtube

■メディカツTV出演から ▼黒岩禅の早朝勉強会 <売上を上げるための常識の破り方>

FACEBOOK

TWITTER