TOPRANC × ChAInCNPR × SUCCESS

2月はどうして28日までなのか?

2017.02.28

今日で2月も終わりですね。
毎年、2月に更新をしている「2月はどうして28日までなのか?」ネタです。

2月は28日なのは

2月が28日までなのは……

それは時の権力者の「わがまま」で決まりました。

もともとは、暦というのは今の3月~12月までしかなかったそうです。
これは、暦と農作が直接結びついていたからですね。
(1月は、12月から15日目とかって言っていたのでしょうかね)

あるときに、やっぱりおかしいよね?ということで
1月と2月が付け足され、今の12ヶ月の原型が出来たわけです。

 

そして、
時の権力者ユリウスさんが、
偶数月は30日、奇数月は31日にするんですね。

それまでの暦ではズレが出てくるので
太陽の動きにあわせて調整したとか。(すごい!)
そうすると、
偶数月×30+奇数月×31=180+186=366日と1日余るので、
当時、最後の月であった2月で調整をして29日となる(閏年は30日)
ちなみに、この閏年を決めたのも、
1年の始まりを1月にしたのもユリウスさん。
だから、これをユリウス暦と言います。

 

その後に皇帝になったのが、アウグストゥス(Augustus)さん。

一番のえらいさんになった、アウグストゥスさんはやりたい放題(笑

まず自分の生まれた月の名称を自分の名前に変更(8月=August)
次に、
自分の誕生月(偶数月は30日)が30日と
他より一日少ないのはおかしい!と
8月を31日に変更(ここまでくれば男らしい!)

9月以降も、30日・31日・30日と順番になるように変更

そうすると、また1日足らなくなるので
またまた2月から1日拝借(笑

その結果、2月は28日(閏年は29日)となり
そこから1600年以上にわたって使われる。

ここまでが、2月が28日の理由です。

存在しない10日間

ついでに、付け加えると
このユリウス暦は1年で11分のズレが生じます。

11分と短いようだけど1600年以上も経つと結構なズレになり

16世紀のローマ皇帝グレゴリウスさんが改暦
1582年10月4日(木)の翌日を、10月15日(金)にするという荒技発揮!

これがグレゴリオ暦と呼ばれ世界の標準となっていく。
ちなみに日本がグレゴリオ暦を採用したのは1900年。

閏年の法則

西暦が4で割り切れる年は閏年
4で割り切れても、100で割り切れる年は閏年としない
100で割り切れる年であっても、400で割り切れる年は閏年

終わりに

黒岩個人としては、13ヶ月にすればいいのにって思ってます。
毎月が4週28日間
そうすれば、売上も前年比較しやすいし、スケジュールもつくりやすい
28日×13ヶ月=364日なので、あまった一日をどうするかとかありますが……

それにしても、当時の権力者の影響力ってすごいですね。

いずれにせよ、今月は通常月よりも日数が少ない月
いつもよりも、一日一日を大切にしたいものです。

黒岩禅のイベント情報

http://www.shigoto-gaku.jp/event


関連記事

main 23

Youtube

■メディカツTV出演から ▼黒岩禅の早朝勉強会 <売上を上げるための常識の破り方>

FACEBOOK

TWITTER