TOPRANC × ChAInCNPR × SUCCESS

成功する人の考え方

スターバックスが訴えられたニュースが流れていますね。
氷が多くて中身が少ないとかで5億円の訴訟
さて、どうなるのでしょうか?

いつも思い出すことがあります

スターバックスの話を聞くと、いつも思い出すことがあります。

スタバが日本に出店していなかった頃
仕事で訪れたシアトルでスターバックスに入りました。

お店の雰囲気、店員のフレンドリーさ、日本にはあまりなかった深みのあるコーヒー

僕は思いました。
「こんなお店が日本にあればなぁ」と。

その後に、スターバックスは日本に上陸します。

「コーヒーは旨いが、その他は駄目だ。」と手紙を書いた人がいました。
書いた人は生活雑貨を取り扱うサザビーの社長だった角田雄二氏。送り先は、アメリカのスターバックス会長ハワード・シュルツ氏でした。
スターバックスとの業務提携のために送った手紙でしたが、シュルツ会長のもとには業務提携の手紙が多く寄せられており、ほとんど気にも留めていなかったそうです。それなのに、どうして角田雄二氏の手紙に思い入れたのか。角田雄二氏の手紙だけが手書きだったからだそうです。実は、角田雄二氏はパソコンが苦手で手書きだったそうなのですが・・・(笑)

これがきっかけとなり、日本法人が立ち上がるのです。

この話を知ったときに、成功する人の考え方はこうなんだなと思いました。

スターバックスを利用したときに、
僕は、「こんなお店が日本にあったらなぁ」と他人任せ。
角田雄二さんは、「日本で展開する!」と、自分でなんとかしようとした。
その差は天地以上にあります。

部下に対しても、
「もっと良い人材が来ないかな」と他人任せな上司なのか
「育て甲斐があるな!」と自分でなんとかしようとする上司なのか
結果は、全く違うものになりますよね。

スターバックス元CEO岩田松雄さん

ビジネス書やセミナーでは、スターバックス元CEOの岩田松雄さんが有名ですね
岩田松雄さんとはお会いしたことがないのですが、ニアミスが結構あります。

ある企業でのセミナーがシリーズ化されていて、
その講師に岩田さんと僕が並んでいたり、前回の講師が岩田さんだったり
雑誌の掲載でも一緒に紹介されたり。

アソシエ アソシエ

嬉しい限りです。


関連記事

main 23

Youtube

■メディカツTV出演から ▼黒岩禅の早朝勉強会 <売上を上げるための常識の破り方>

FACEBOOK

TWITTER