TOPRANC × ChAInCNPR × SUCCESS

【第496回】黒岩禅の早朝勉強会

本日の内容

開催日:

2016年5月29日(日)7:15-8:45
TSUTAYA調布駅南口店

司会:

渡邊一雄さん
小咄:2015年ダウンロードランキングは?

5分セミナー:

甲斐大輔さん
朝のスケジュール管理で業務効率up
〜仕事の進め方〜

和泉幸希さん
一緒に顔晴れる「仲間」を見つける質問
〜採用面接について〜

黒岩禅の早朝勉強会:

5分セミナーへの総評とアドバイス
フレーミング手法
肩書きについて
アイディアの出し方
発想の変え方など

仕事は期限に合わせてしてはいけない

本日のご参加:

本日のご参加は9名
累計3430人にご参加いただきましたー

160529_早朝勉強会JPG


一緒に顔晴れる「仲間」を見つける質問

講師:和泉幸希

社員になっての特有の仕事が「面接」
アルバイトの大半が学生
3月になると卒業シーズンで入れ替わる
面接のマニュアルはある
面接の段取りも分かる
しかし
どんな質問をすれば、その人の良さが分かるのかが分からない
採用しても辞めてしまったアルバイトがいる
何をしてあげたら、辞めなかったのか?
自分自身の原点に戻った
なぜなら、私自身もアルバイトで採用されたから
だから採用されたアルバイトに伝えようと思ったのが
「夢」と「顔晴る」という言葉
私自身が採用されたときに、一番に驚いたのが「夢」を聞かれた
その夢を聞いてくれた社員が、こんなこともしてみない?とか夢を広げてくれた
だからこそ、夢を聞いてみる
アルバイトの夢を聞いて、
このアルバイトの夢をどう応援できるかな?と考えるようになった。
それが、一緒に顔晴れる仲間を見つけられるようになるのだと。

朝のスケジュール管理で業務効率up〜仕事の進め方〜

講師:甲斐大輔


参加者の感想

夢がある子には、叶える方法を一緒に考えてあげる。
年齢が上がるにつれて夢を語ることが減ったり、応援もできないことが多いですが、
どんな夢も実現できると一緒に考えていける大人になります。
一緒にワクワクしてかっこいい大人へ。

話すときに問題の明確化をする
話す相手に聞いてもらうためにフレーミングをする
肩書きは自分にではなく5Cのために使う
アイデア出すのに桁を変えると発想が変わる
常に相手の事を考えるのと、常識に囚われない考え方が出来るようにして、すぐできる事はその場でやります。

その場でやらない事がどれだけ自分の時間を使っているかを足し算で教えて頂いたのが目からウロコでした。
今やらないと本来やる作業の隙間に膨大な時間が挟み込まれる。ということを常に頭に置いて3分でできる事はその場でやります!

肩書きを誰に使うのか
5C
全てのカスタマーに使うもの。
自分だけのために使うことがいずれ自分を苦しめることになる。
何で肩書きがあるのか、感謝しておおいに使っていきます。

その場でやればいいことを後回しにしてそれをカバーするためにロスする時間について改めて考えることができました。
まさに自分のことを言ってると思ったので仕事も私生活も効率よく回るように行動を変えていきます。
人は期限があると期限に合わせて仕事をしがちですが
期限までやらないよりも3分で出来ることならその場でやるほうがメンタル的にもコスト的にもメリットがあることが勉強になりました。

BOOKの魔術師
肩書きにして「お客様」にもっともっと喜んでもらえるように
顔晴ろうと思いました
フレーミングはPOP作るときに
利用の練習をしていきます。

肩書きはお客様のために使う
という言葉が心に残りましたのでもっと効果的にお客様を喜ばせたいです
また部下にも店舗で働くベネフィットをもっと感じさせてあげたいです


黒岩禅の早朝勉強会に参加しませんか?

参加費は、TSUTAYAで1点以上のお買い物、またはレンタルだけ!

http://www.shigoto-gaku.jp/morning_seminar

 


関連記事

main 23

Youtube

■メディカツTV出演から ▼黒岩禅の早朝勉強会 <売上を上げるための常識の破り方>

FACEBOOK

TWITTER