TOPRANC × ChAInCNPR × SUCCESS

上下関係の前に交友関係だよね

上下関係の前に交友関係

娘が「上下関係の前に交友関係だよね」と言いだした。

上下関係の前に交友関係

なにがキッカケだったか分からないけど、
なるほど我が娘、視点がするどいです(笑

 

上司部下の関係がうまくいかないことが多いのは?

上司になると、上司の役割(責任)を果たそうとします。
多くの場合、間違った役割です。
黒岩は、これを「上司の役割に振り回されている」と表現しています。

上司は部下を動かさなければならない役割
上司は部下を怒らなくちゃならない役割
上司は部下に舐められちゃいけない役割

そんな役割に振り回されているのです。
だから、上司部下の関係がうまく行かない。

それゆえに、私のところに相談にくる人の多くは

「どうやったら部下を動かせますか?」
「どうやって怒ったらいいですか?」などが多いのも事実です。

 

怒るの代わりに謝ると上手くいく

やるべき目標を具体的に定め
楽しく元気であれば、部下は自然と動いてくれます。

上司は、ちょっと背中を押してあげるくらいです。
ときにはステージを上げるためにドン!ってくらいのときもありますけど(笑

 

ほとんどの場合、怒る必要もありません。
むしろ謝る方がよいのです。

あなたが怒ろうとしてしまった部下の失敗は、
それまでのあなたの指導不足だからです。

今日の約束を忘れた部下であれば、
「昨日確認しておけば良かったね、ごめんね」と、あなたが言う方が成果が出るのです。

そうアドバイスをすると「そんなに甘やかして良いのですか?」と返ってきます。
まさに、「上司は部下に舐められちゃいけない」役割に振り回されているセリフです。

黒岩自身も「甘やかしちゃいけない」と思っていました。
それは、怒ることでしか指導できない自分自身の甘えだったんです。

 

なぜ、上司の役割に振り回されるのか?

上司になると、上司の(間違った)役割に振り回される人が多いのです。

なぜなのか?

そこに上下関係を持ってしまい、
「舐められちゃいけない」「威厳を保たなきゃいけない」という思い込みや保身という(間違った)役割に振り回されるのです。

黒岩が20歳で店長に抜擢されたとき、
店長になる前から一緒に働いていた同僚や、仲良かったアルバイトさんから
「人が変わった」「あんな人じゃなかったのに」などと否定的なことを良く言われていました。
退職者も続々と出る始末です。

そのときには、「店長なんだから仕方がない」「仕事なんだから仕方がない」と思っていました。
まさに、上司の(間違った)役割(責任)に振り回されていたのです。

 

上下関係よりも交友関係

上司やリーダーになったとき、大切なのは「上下関係」の構築よりも
部下や仲間との交友関係の構築が先です。

上下関係の前に交友関係

そのために必要なものが、

愛と夢とちょっぴりの勇気です。

愛とは関心を持つこと。
部下のことをもっと知ってあげることから始まるのです。
なにが好きなのか?
どんな漫画を、本を読むのか?
どんな音楽を聴くのか?
それを読んで見る、聴いてみる

夢とは感謝をすること
ありがとうを伝えるから、あなたを応援してくれる仲間の絆ができるのです。

ちょっぴりの勇気とは、昨日の自分を1㎜でも越えて行くことです。

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分を未来だけ
部下のせいにするのではなく、自分の課題としてとらえ自分が変わる
昨日よりも今日、今日よりも明日、1㎜でも変わる。

黒岩禅のイベント情報

http://www.shigoto-gaku.jp/event


関連記事

main 23

Youtube

■メディカツTV出演から ▼黒岩禅の早朝勉強会 <売上を上げるための常識の破り方>

FACEBOOK

TWITTER